LINEで送る
Pocket

プロの料理研究家 熊谷真由美の
作りやすくて、豪華に見える
究極のおもてなしレシピを手に入れて、

大切な人から
「美味しかった。また作ってね」と喜ばれる
最高にHappy な時間を
あなたも今すぐ実現しませんか?

プロとして活躍中!
料理研究家熊谷真由美のH P

来客にもう悩まない!

6名さまにお客様にお出しする料理を学ぶ

おもてなし料理教室ラクレムデクレム

詳細ホームページはこちらです。
1日体験受付中。お気軽に。

happyな思い出!

記念日に手づくりでお祝い

フランス菓子🇫🇷教室ラクレムデクレム

詳細ホームページはこちらです。
1日体験受付中。お気軽に。

●●私 料理研究家 熊谷真由美の
おもてなしのお料理教室
ラ・クレム・デ・クレムのレッスン日●●
(JR京葉線・武蔵野線  新浦安駅前)

●【フランス菓子】●日程●一日体験も同じ●/
第2水10:00/
第2木10:00/第2土13:30/第2日13:30より1日。

●【おもてなし料理】●日程●一日体験も同じ●/
第4水10:00/第4木10:00/第4土13:30/
第4日13:30より1日。

●ディプロマ●
DIP

PVアクセスランキング にほんブログ村



2011/8/29旧ブログからの移動記事

こんばんは。
一日更新しないとすごい久しぶりの感じです。
昨日は柏のよみうりのワインとチーズのレッスン。
新しい生徒さんが見えてちょっとはりきり。
暑いのでワインもチーズも夏モードにしました。

なので今日も元気。
では早速お待たせの
チェブラーシュカのステンシルクッキーいきます。
かんたん可愛いデコロールケーキの同じ図案で【チェブラーシュカのステンシルクッキー  その1】シートを作るのに工夫したよ。

【チェブラーシュカの
ステンシルクッキー作り方 その1】
~日焼け夏バージョン~

1)●ステンシルシート●
このシートはパーツをどうつくるかずい分迷いました。

チェブラーシュカクッキー

図案はいつもと同じように
私の著書のデコロールケーキの本の図案。
拡大せず本サイズのまま。

コレは境界ラインがなく、白がないので大変。
で白目まであるの!
難解。
順番はどうする?シートはどう切る?
迷いまくり。
何度も試作してやっと完成した写真。

なのでホントは何度かやり直すべき。
しかし、その時間が今なく・・・。
このまま失礼です。

お菓子作りはどこかで楽をしようと手を抜くと、
最後につじつまをあわせるように、
痛い目にあるのです。
コレがその典型・・・・
試作に専念して、
シートを連続使用したのが・・・
ちょっと反省。だいぶ反省。

・・・とはいえそれどころでないシートの難解さ。
切るのもね。

なので許してくださいね。

*コロンブスの卵。
出来てしまえばなんてことはない、
普通のシートじゃ。
今見て自分でそう思う。
どこが大変なんじゃ?

 

【チェブラーシュカの
ステンシルクッキー作り方 その2】
~ステンシルシートの秘密~

1)昨日はステンシルシートをお見せしましたが
奥にあるコンタクトレンズのような
パーツお気づきになりました?

これが重要なんです。
これは後から使いますョ。

2)クッキー生地にシートをのせます。
今回の場合は、
生地が見えないくらい
びっしり。
この目は黒目の部分ですね。
切り抜くときに注意。

●ステンシル1stステップ● 

結局ブラックココアが刷り込まれるのは
黒目と鼻と口と眉毛です。

 

チェブラーシュカ


すみませんがダラダラ更新させてくださいませ。
のちほど総集編で写真のみの記事ももうけますね。 



【チェブラーシュカの
ステンシルクッキー作り方 その3】
~ステンシルシートどこから行く?~

1)さて昨日のシートはこのあとどうしましょう?
私自身が迷い、2通り試してみました。
どちらが綺麗にできるか・・・・。
うーーーん。

結論として、
最初に回りをはずします。

デコクッキーレシピ

この方が、周りが綺麗にステンシルできそうです。


【チェブラーシュカのデコクッキー】~ココアを広範囲でステンシルするポイント~
 

何気に途中からデコクッキーにしてみました。

【チェブラーシュカの
デコクッキー作り方 その4

~ココアの広範囲ステンシルのコツ~デコクッキー作り方

1)ステンシルとは刷り込むと言う意味。
ではこのステンシルの仕方を見直してみよう、です。
ここではブラックココアです。
ココアを筆にとり、
シートの上をなぞります。
1回では薄いですね。
数回繰り返してください。
このときのポイントはクッキー生地をいためないこと。
また生地を冷やしすぎてもはいりません。

ココアには油分があります。
クッキーの生地と優しくなじんでくれるまで刷り込みます。
色むら、シートとの境界の端はチェックです。
刷り込みが終了しましたら
余分のココアは落とします。
これも意外と重要です。

奥が深い作業ですね。
原理を知ってても、
案外、イエ、”とっても”気を使う作業です。
 

このように上手にステンシルした
ココアは焼いたあと、
こすってもとれません。

チェブ最終回です。

このシートには苦労しましたが、
決め手は
コンタクトシート!!

これで白目をつくりましょう。
(これにたどりつくまでに試作多々。
シートの一部に三日月のような
痕跡があるのもそのせいです・・・。
そこも間違えて刷っちゃった。
気がついた方はスゴイです!)

【チェブラーシュカの
デコクッキー作り方 その5】

~コンタクトレンズ シートでお目めパッチリ~

1)どこから見てもコンタクト。
ノン・カラコンですが。
この位置合わせも慎重に。
図案で確認しましょう。

deco cookie 2)ココアでダスティング。
眉毛などを汚さないように。
他にもやり方の順番はあると思うのですが、
シート数を少なく、にこだわるとこんな感じ。
多少の不便は我慢・・・。

decookierecipe

で普通にオーブンで焼きましょう。
ちょっと黒くすり過ぎました。
こんがり日焼けしたチェブです。decosweet

LINEで送る
Pocket