こねないパン、シロワッサン【ポパイのパン・オ・レ ほうれんそうのミルクブレッド】レシピ

こんばんは!




現在の閲覧者数:

千葉県で
おもてなし料理教室
ラクレムデクレム
@東京ベイ 主宰
料理研究家 熊谷真由美のブログへようこそ。

ネットで話題沸騰のシロワッサンのレシピはこちら↓

特に初めての方へ。こねないパン、シロワッサンINDEX(→●

基本のシロワッサン生地→●

●2010年8月10日移動記事です●

0052

プロセスを丁寧にのせようと思いまして・・・・
写真整理で時間がかかってしまいまして、
今日は気力のキャリアオーバー。
ということでレシピは明日以降にさせていただきます。

綺麗な緑の正体はホウレソウ。
お仕事にも効きそうですね。
味わいは抹茶のような風味。
もともとコンデンスミルクが入っているので
何もしなくても
いつもシロワッサンはミルクブレッドと
呼べると思います。
のでフラ語でパン・オ・レにしてみました。

味は青臭さはなくて、
抹茶オレのドリンクのようで
トーストにもクリームチーズにもあいます。

今朝イーストについて昨日のコメント欄でご質問受けましたので、
お答えしました。
ご興味ある方はご覧くださいね。

99949992

 プロセスの最後から更新してみましたので、
今回ポパイパンのレシピはこちらになります。
長らくお待たせしました。

~何が入っているのか、当たるかな?そんな優しいお味の元気がでるパン~
【ポパイのパン・オ・レ】

001

9869

●材料●

(写真は大目に作っています。
残りバナナとあわせて一緒に飲んじゃう。)

水→ほうれん草ジュース140ml
ほうれんそう30g+水100mlでほうれんそうジュース130ml+水で調節して

あとはいつものシロワッサンです。
http://plaza.rakuten.co.jp/tempsconvivial/diary/201004140000/

 

9874

水が緑のジュースだから綺麗な色。

9875

混ぜ方同じ。1次発酵同じ。
冷蔵庫入れる前 ↓

9881

1次発酵終了したかな?

(粉も水も冷蔵庫で保存しているので、
今回夏場でも6時間くらいかかっています。)

9891

(こねてないけれど、こねたことになるパン。
それがシロワッサンです。) 

このTEMP*CONVIVIALで紹介している、
すべてのパン、シロワッサン。
このM@yumi.Kのシロワッサンはこねないパンです。
ちょっと聞くと手抜きパンで、
固いパンになるんじゃないか
と思いますが、
冷蔵発酵で長期熟成によりグルテンの形成をさせますので、
こねていないけれど、
こねた生地になっているというのが特徴なのです

なので扱いの注意点はパン生地一般に同じです。
まず、2倍に体積が膨れたら、
1次発酵終了です。
シロワッサンは冷蔵発酵だから時間が長く、
冷蔵庫の開閉回数や材料の温度によっても変わるので
夏場はできるだけ冷やしておくと時間が長く発酵できます。
夜準備して発酵させたら朝見たら過発酵ということのないように。
 

9893

おはようございます。
残暑が厳しいですね。
あっという間の夏。
ポパイのパンもまとめていきます!
さて今日は発酵を冷蔵庫から終えた生地の扱い方です。
これだけで一記事にするくらい、
個人的には大切と思っています。

コツは、
発酵後の生地は丁寧に!

では。早速いきますね。

前にシロワッサンのプロセスとほぼ同じです。
こちらは作業の説明。
今回はちょっと雑談的解説が多いです。
復習がてらあわせてみていただくといいかもしれません。http://plaza.rakuten.co.jp/tempsconvivial/diary/201004170000/

(つづき)

panntibennti

1次発酵が終了したかどうかは目でチェックすることができます。
フィンガーテストといいます。

1)まずつかないように中央に粉を少量まぶします。
指にも粉ツボに指をいれてつけましたら、
その手でズボッと下まで。
指を曲げずにそっと抜いて、
穴の形状で判断します。

指の太さのままなら発酵終了です。ベスト)
なくなっちゃうようならまだ発酵不十分。
生地はフワフワして指を差し込んだらシューとしぼむようなら過発酵です。

98939895

時間がたつとしぼむのですぐに見てくださいね。

このときに粉がきちんとついていなくて、
引き上げた指にパン生地がついてきて
穴が閉じていることがあるので注意。
(こういう人とっても多し!)

2)次に ガス抜きパンチ。

パンチとは言いますが、
ゲンコツで力をいれてバンバンとはしないでくださいね。
あしたのジョー!しないでくださいね。(古ッ!)

ガスを抜くときには手のあとがつかないよう、
生地に凸凹ができないように全体を押さえます。
平らにならす感じ。
9897
こちらが上側でしたので、綺麗な面です。

(仕上がりも綺麗な面を出したいので、成形の際には裏返すことになります。)9903

一度丸めます。余分なガスが抜けて、
ガスのたまる気泡が多くきめ細かくできます。
 

しかし、今の段階では、平らにして丸めるという作業により、
生地にストレスがかかり、疲れています。

パン生地にもちょっと休憩させてあげましょう。
このまま乾燥しないように必要ならカバーをして、
5分~10分置いておきます。
ベンチで休むように、
「ベンチタイム」

といいます。

ベンチ後、生地がのしやすくなっています。
つかないように打ち粉を少々ふるって、
やさしく押さえて平らにします。

パンを作るときには、綺麗な面をいつも出すように気をつけると、よくふくれます。
綺麗な面はグルテンの状態が切れたりしていないので、
ガスが逃げにくいですから・・。

なので出来上がりが綺麗な面になるように裏返します。
(打ち粉は少量で)

9901

9904

軽く押さえたら、成形します。
(つづく)

9994

おはようございます。
昨日、スズメのヒナも巣立ちました。
巣立つ前日までエサをしっかりもらって
いきなり、飛び立つのですね。

急にピタリとさえずり声が聞こえなくなり、
少し寂しい気もします。

今日は成形編。
最初にご紹介した、
ほとんど何もしないシロワッサンに比べると
ちょっと戸惑うかもしれませんが、
形を変えるということは
味も変わるといことです。

皮と中身のバランスが変わるからです。

フランスパンでは同じパン生地なのに
バゲットやバタールやフィセル、ブールなど
全部に名前がついていますね。

シロワッサン生地は冷蔵長期熟成発酵だから、
1次発酵を終えたばかりはひんやりとしていて、扱いやすく、
また、初心者にありがちな、
もたついている間に発酵しずぎちゃったというミスも
起こりにくいので、お勧めです。

今回のはなまこ型といわれるよくある形です。
難しかったら丸めてしまってもかまいません。
でも一度覚えておくと色々使えます。

(つづき)

seikei

打ち粉(強力粉) は指先につける感じで最小限の使用量に控えます。
使い過ぎると、
固く弾力のないパンになります。

9907

1)まず上を3分の1ほど手前に折り、軽くおさえます。

9909
2)今度は下3分の1を上におります。軽く押さえます。
9911
3)パンの中央ラインを軽くくぼませます。
(ここで2つ折りにするからです)
9913
4)2つに折り、そのまま端からつまむようにして閉じていきます。
ここはしっかり開かないためにも閉じます。
9915
5)閉じ終わり。
念のためもう一度つまんで閉じておきます。
裏返します。
9916
6)形を整えるため、あるいは長くしたい場合は、
軽く転がします。(省略 可)
9924
天板の上にそっとのせます。
いつものように2次発酵させます。
(つづく)

 9941

今回はプロセス写真をたくさん載せようと思います。
ブログ記事の容量の関係で分割掲載させていただき、
私も少しのんびり更新させていただきます。
ブログは記事が重なっていくのであえて、
後から続きで読めるよう、
下の部分からの掲載としてみます。ご了承くださいね。

(つづき)

hakoushosei

1)成形後の生地です。いつものシロワッサン同様に二次発酵させます。http://plaza.rakuten.co.jp/tempsconvivial/diary/201004190000/

 9924

2)2次発酵後。
2倍ほど膨れました。

9927

3)米粉・強力粉を表面にふってお化粧します。(省略 可)

9929 

少し大目にふるのがコツ。クープが開いてコントラストがつきます。
(生地もその分焼けにくくなりますので、多いのにも限度はありますよ)

9931 

4)オーブンの予熱をはじめます。200℃です。
予熱が終了したら、切り込み(クープ)をいれます。
5mm程度の深さで5本クープをいれます。

生地を押し込んでしまうとガスがぬけてしまうので
(・・結果パンがふくれません・・・)、
スッと手を引くようにしながら。
ナイフが良く切れるのはいうまでもありません。
パン専用にひとつカッターナイフを用意してもいいです。

9941

オーブン200℃25分焼きます。

9992

ちなみに、白く焼くこともできます。

↓ こちら オーブン140℃40分で焼いたものです。

9951

つまり、もう長くブログをお読みいただいている方は
お分かりかと思いますが、
こねないパン、M@yumi.Kのシロワッサン生地は
黒く焼くか白く焼くかは、どちらでも可能です。

今回の場合は色合よりも
焼きこんだ香ばしい味わいをプラスしたかったので
黒く焼く、
本ブログ通称≪黒ワッサン≫に
してあります。
ほとんどどのレシピも同様に白いものは”黒く”焼くことができます。

すべてのレシピが”黒ワッサン”に焼けます。

ただ、初心者の方は最初にご紹介したように、
白く焼いた方が、
ふんわり感が楽しめるかと思います。

また白くでて長期熟成発酵させますので
味わいがひきだされていますので、
旨みを感じることができます。

neko

↑ 今日はちょっと大きな顔をしていますが・・。
(シャム系のパリ猫です。) 

明日はこの前のプロセスのせます。
ちょっと応用編です。
わかりやすいよう、
ひと通り説明してから
ベーグル等へも展開していきます。

labelmini.JPG

hpbana●HP●ここをクリック→

では。

↓↓↓ 応援 嬉しい ↓↓↓

recipe_blog

旧ブログへのレシピへのリンク・コメント・ご質問・熊谷真由美のレシピ検索もこちらより。↑

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へにほんブログ村
人気ブログランキングへ

=包丁の持ち方からテーブルコーディネイトまで=
・・・・♪料理研究家 熊谷真由美♪主宰・・・・
初心者歓迎!
おもてなし料理教室ラクレムデクレム
+お菓子教室@新浦安  HP
http://lacremedescremes.web.fc2.com/

↑  ↑ おもてなし料理教室ラクレムデクレム↑  ↑
ホームページ

一日体験(7千円)随時受付中。

中医薬膳カウンセリング。受付中。
中医薬膳カウンセリング。受付中。

PVアクセスランキング にほんブログ村