テーブルコーディネイトに、パリで買った 愛用のコキヤージュな貝殻ピックのアクセサリ

テーブルコーディネイトに、パリで買った 愛用のコキヤージュな貝殻ピックのアクセサリ

テーブルコーディネイトに、パリで買った
愛用のコキヤージュな貝殻ピックのアクセサリー

貝殻ピック貝殻アクセ

PHOTO*今月のラクレムデクレム
おもてなし料理教室@新浦安の
コーディネイトに貝殻のピック。
アヒージョをいただきます。

●2012/6/25旧ブログからの移動記事

今日ご紹介は貝殻のピック、楊枝です。
立てる部分がホタテの貝殻で、
ピックには巻貝がアクセントになっています。

パリでひと目惚れしたのは
もう10年以上前のこと。

大事に大事にしておりましたが、
今月みなと使うことにしました。
(しまってあるのを忘れていたとも言える)

最近知ったのですが、
近頃の家庭科は
家庭科とはいわないそうで、
テーブルコーディネイトも
学校の授業で習うそうですね。
時代も変わった。
しかもいい方向に。

なので私もレッスンで少し積極的に
してみようかなと思っています。

とはいえ、プロ話をもとに
私なりのポリシーがいくつか・・・・。

”あまり品数を増やさずにできる範囲で
テーブルコーディネイトすること。”にしています。

理由は・・・
*料理やお菓子の雑誌や本の撮影では
  予算的に余裕のあるときはスタイリストさんがつきます。
  (最近は私が忙しすぎるとエディターさんにまかせちゃったり
   私の私物をつかって自分でスタイリングせねばならない
    自力ヴァージョンも経験してますが・・・。)
 
    そこでは・・・・

   ・撮影などの場合はほとんどがリース。レンタル会社より借りてきて、
     撮影後 またすぐに返します。
       (⇒人数多いとできない)
   ・お得意さんだと陶器メーカーの方から高価なものを譲られたり、貸してもらえる。
       (⇒そんなコネはないし、あってもいつもできないし、
         生徒さんも真似できない)
   ・自腹で買った私物は財産になるけれど、
     山のように膨大な量になり、収納用に倉庫部屋が必要なのだそう。
       (⇒探すだけでも大変そう。私には実現できそうになし)

というようにな複数のスタイリストさんの話から
”今ある最小限の中でコーディネイトしよう!”と思っているのです。

それに個性的な器ってぱっと見て美しいのだけれど、
個性があり過ぎると、
何度も露出すると見慣れてしまいやすい。

⇒なので なるべく目立ちすぎない応用範囲のきく食器を多用。

また食器に数に限りがあるとその人数しか
人を呼べない感じに束縛されてしまう。
和は5客、洋は6客単位で集めますが・・・。
そういう場合どう対処するか・・・
そんな超現実的な場合を想定した
テーブルコーディネイトです。

今は食器をとっかえひっかえではなく、
クロスのさし色やナプキンワークを変えて
変化をつけていくよう工夫していくようにしていますね。

そうすれば等身大で、
生徒さんも
真似しやすいかなと思っています。