可愛いデコ冬瓜の煮物な日々。

冬瓜
PHOTO*ジャン!!デコ冬瓜の煮物つくるよ!

こんばんは。
今日からラクレムデクレム
おもてなしお菓子教室@新浦安の
7月のレッスンが始まりました、
料理研究家の熊谷真由美です。
●2012/7/6旧ブログからの移動記事
今よみうりカルチャー@錦糸町の
お料理クラスでは
夏が旬の冬瓜を使って、
中華煮物をレッスンしたところです。

昨日は写真が大きすぎましたね。
iPhoneの写真を小さくして使ったのですが、
サイズは意外と大きいままでした。
ちょっと本日直してみました。
この冬瓜も同じ昨日のものです。

東京スカイツリーの生鮮食品が
安いと聞いていたので、
八百屋さんをみたら、
ほんとうに安い!
大きな冬瓜が4分の1で、
180円。しかも新鮮。
手に取って迷ったのですが、
いきなり重いと思って、
錦糸町に戻ってから買い出し。
結局なかったりで2件目で購入。
あのとき買っておけばよかったと
思った次第。

デコロールケーキ、
プリントクッキー、
刻印カンパーニュと気分は
デコゾーンにはいったままの私。
料理ゾーンにもそれは侵入している気配。

なりきり3つ星シェフのつもりで、
料理に遊び気分とサプライズを!
もち 味を落とさずに!
視覚的なメッセージを入れたいと思っています。

それには基本が大切で、
基本の説明をしたり、作業しているときに
私の場合、突然ひらめくんですね。
しゃべっていることに、自分が納得して、
迷っている答えがもらえたり・・・・。
だから基本の掘り下げはこれからも続きます。
(最初はこんなことまで説明して・・・
なんて思ってましたが、
意外と理論的な説明を
してくれるところは少ないらしく、
私のお教室は超初心者から、
お教室主宰者まで受講者が実は幅広いんです。)

たとえば・・・・・
「紫芋のクッキーをつくっているとどうしても、
卵と反応してしまいレモン汁をいれないと
青くなってしまう・・・」
と自分でレッスンで説明していると
突然””””ピカッ””””
→「卵をいれなきゃきれいなままなら、
あれとあれに使うと綺麗にできるじゃない!」
とこんな感じ。

で生まれた美麗パープルな刻印カンパーニュ。
ブリオッシュじゃ色が”何かしない”と
(隠語です。前から読んでいただいている方にはお察しの通り。)
できないということですね。

今年の天然酵母のパンのお教室の
2品のレシピのうちの一つは
オートリーズ法+低温長時間熟成法で
説明しています。

なので
レッスンのときのカンパーニュのパン生地
今焼きはじめました。