7月おおもてなし料理教室 和食@新浦安のテーブルコーディネイト。かえしをつくりながら、あるものコーデ思案中。

おもてなし料理教室 和食

Photo*7月のおもてなし料理教室は和食。
テーブルコーディネイトはこんな感じ。

おはようございます。
昨晩は爆睡で
昨日ほど早起きできなかった、
料理研究家の熊谷真由美です。

●2012/7/13旧ブログからの移動記事

今朝は起きたら6時。
もう暑いです。

朝からだしを30分ほどことこと煮出して、
返しとあわせて
少し熟成させます。
返しもざるそばのつゆも
10日くらいは寝かしたほうが美味しいので・・・。

本格そば屋のつゆを今月はレッスンでします。
ahow to
photo*熟成ずみの返し(レッスンでデモします)と
ダシをあわせて
から汁という、
老舗そば屋直伝のざるそばのつゆをつくります。
(デモします)
そば切り用の刃渡り26センチ長の包丁
(万能タイプにしてますが)や
こま板、そば用麺棒を所持する
かくれ
そばオタクしている私です。
さすがに男性陣のように
直径60センチくらいの
大きな木鉢は購入しませんでした。

男性生徒さんたちは
マイクラブのように
マイそば用包丁を持参して
(当時は規制もなかったです。
この包丁そばしか切れないんですよ。)
レッスンに参加してました。
そして包丁談義がはじまり・・・。
(とはいえ主に値段など・・・)
男性は形から!の典型をみましたね。

でも和食の月は
作業自体はすごく地味。
(見慣れているからそう見える)
でテーブルコーディネイトは
ちょっと派手目に華やかに。

しかしあるもので
コーディネイトするには
頭をひねらないとねえ。

で、一週間ほど考え
こんな感じになりました。
お楽しみに。

あとお教室でつくったお蕎麦屋さんのつゆは
おうちでそのままいただける段階のものを
少量ですが、
お分けしたいと思います。
液体のなので
空のペットボトル500mlあるかたは
清潔な状態でお持ちくだされば
おわけできます。

ではラクレムデクレム
おもてなし料理教室@新浦安
今月もお楽しみに。

<